効果を上げて、コストは抑える!導入事例制作にかかる費用とその相場は?

新たな見込み客の獲得や既存顧客との関係性強化といった目的のため、社内での導入事例制作を検討している企業も多いのではないでしょうか。

しかし、

「導入事例記事を制作したいが、社員が取材に慣れていない」
「ノウハウがなく、成果が出る記事の書き方がわからない」
「ほかの業務もあるため、導入事例記事の制作にヒューマンリソースを割けない」

などの理由から、導入事例制作の外注を考えている担当者様もいらっしゃると思います。

今回は、導入事例制作を外注するにあたり

「費用がかさまないか不安」
「お得な料金で発注したいが、相場はどれくらいなんだろう」

という方に向けて、一般的な導入事例制作の費用と相場をお伝えします。

併せて、きちんと効果を出しながら、導入事例制作の費用を抑える方法もお伝えしますので、ぜひご覧ください。

目次

導入事例制作の一般的な相場

導入事例は、いわば「企業向けの口コミ」とも言えるコンテンツです。

  • この商品は、どんな課題を解決できるのか
  • 競合他社は、このサービスをどのように活用しているのか

など、広告と違い、実際の利用者の生の声が聞ける導入事例は、貴社のサービス・商品の導入を検討している見込み客にとって、とても重要な情報です。ぜひWebサイトへ掲載しておきたい情報のひとつになります。

では、導入事例の制作には、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

導入事例制作費用の目安

取材・記事執筆・ライターによる撮影
記事内容は共通テンプレート(※)を利用

130,000円
〜150,000円
プロカメラマン依頼時は+5万円前後
取材・記事執筆・ライターによる撮影
記事内容はオーダーメイド
150,000円
〜200,000円
プロカメラマン依頼時は+5万円前後
取材・記事執筆・ライターによる撮影
記事内容はオーダーメイド
パンフレットなど紙媒体用のデザイン作成
200,000円
〜300,000円
プロカメラマン依頼時は+5万円前後

※共通テンプレートとは「インタビュー・取材の質問」「サービス導入前の課題・導入後の成果」など、導入事例記事の内容や質問があらかじめ用意されているひな形のことです。

「せっかく導入事例を制作するのだから、かっこいい写真を掲載したい」「パンフレットを作って営業資料にしたい」など、あれもこれもと盛り込みたくなってしまいますよね。しかし、充実したプランを選ぶと価格が上がります。多数の導入事例を掲載していくにあたり、費用がかさんでしまうことに。

では、導入事例制作の費用を抑えるには、どうしたらいいのでしょうか?

導入事例制作の費用を抑える方法

導入事例制作の費用を抑えるには、以下のような方法があります。

  1. テンプレート式の導入事例制作を利用する
  2. 印刷物など不要な成果物をカットする
  3. プロカメラマンに依頼せず、自社で撮影する

それでは、順に説明していきます。

1.テンプレート式の導入事例制作を利用する

導入事例制作会社におけるテンプレートとは、

  • ストーリーの概要
  • 顧客が抱えていた課題
  • 導入したサービス・商品とそれを利用した成果

といった、一般的な項目があらかじめ用意されているひな形を指します。

導入先の企業にテンプレートに沿って必要な内容をインタビューし、あとはその内容を記事テンプレートに流し込むだけで導入事例記事が完成。1からオリジナルで制作する必要がないぶん、費用を抑えられます。

2.印刷物など不要な成果物をカットする

「会社案内や営業資料に導入事例を掲載したい」という希望がなければ、パンフレットやカタログといった印刷物を制作する必要はありません。成果物をWebサイトに掲載する記事だけに絞れば、そのぶん費用を抑えられます。

必要な成果物が何かをよく検討して、不要な成果物を作らないようにするのがポイントです。

3.プロカメラマンに依頼せず、自社で撮影する

「Webサイトのファーストビューに大きく写真を載せたい」「印刷物に載せたい」などの要望がない場合、自社で撮影できれば、外注費がかからないぶん費用を抑えられます。

ここまで費用を抑える方法をお伝えしてきました。

ただし、制作会社によってはこういったコストカットに応じてくれない場合もあります。

この点、当社doucoでは、効果の出る導入事例をリーズナブルに制作することを第一優先としており、格安で制作が可能です。

SNSでシェアする
目次
閉じる